夢を追って挫けそうな時や、新しく何かを始めるときに聴きたい男性ボーカルの邦楽。

inspiring-songs-thumb-min

今回は夢を追って挫けそうな時や、新しく何かを始めようとする時に私が聴いている曲を集めてみました。

世間的な定番ソングというよりかは個人的な嗜好が非常に大きいですがご容赦を。

秦基博『ROUTES』

しょっぱなからYouTubeに公式動画がないため、Google Play Musicでの試聴になります。

そうまでして一番最初に持ってくるくらい、聴いて欲しいオススメの名曲なんです!

NHKで放送されている番組「人生デザインU-29」のテーマソングでもあり、私も番組経由で知りました。

シンプルな構成のアコースティック楽曲ですが、それが逆に真っ直ぐな歌詞にピッタリですね。

普段、楽曲を歌詞重視で聴くことってほとんどないのですが、この曲だけはこの歌詞がないと魅力半減だと思うくらいです。

秦さんと言えば同じく、アニメ「宇宙兄弟」のEDにもなった「グッバイ・アイザック」もそっと励みを与えてくれる歌詞とキャッチーかつアップテンポな楽曲でよく聴いています。

余談ですが上述の番組は若い世代が夢を追って奮闘する姿を描いたドキュメンタリー番組で、見ていると自分も頑張らねば!と思わせられます。

TRIPLANE『イチバンボシ』

北海道出身の四人組バンド。TRIPLANEの楽曲。

「美メロロックバンド」とも形容されるキャッチーな楽曲が特徴で、ボーカルの声がそこはかとなくミスチルの桜井さんに似ています。

「イチバンボシ」も例にもれずキャッチーで軽快なポップスで、歌詞も困難な状況を乗り越えて突き進んでいくという、前向きな内容になっています。

椎名慶治『RABBIT-MAN』

元surfaceのボーカリスト、椎名慶治さんの楽曲。

干支の話が入っていて、年齢的に36歳以上の方とかだと共感できそうな歌詞になってます(兎年の人は余計に気に入るかもしれません 笑)

昔描いた夢を追い求めている人や、もう一度チャレンジしてみようという方にピッタリな内容ですね。

あと別の記事でも紹介していますが、ベースラインがやたら格好いい曲です!

SIAM SHADE『Still we go』

近年になって再結成を果たし、精力的にライブを行っているSIAM SHADEの新曲。

SIAM SHADEは私自身が大ファンなこともあり、聴くと「苦しいけど前に進まないと!」という気分になります。

ボーカルの栄喜の声の力んだときのダミ声が情がこもってるというか、命振り絞ってる感があって好きです。

生きてる意味がわからなくても
生きていく理由(わけ)は見つかるはずさ

という歌詞が個人的にツボで、”人生そのもの意味なんて分かんなくても、お前が生きていく理由になるものはあるだろ!”という熱さが伝わってきます。

SIAM SHADEではこの曲以外にも『Life』や『ブランコ』といったマイナー調の楽曲も一味違った雰囲気でおすすめです。

CHICAGO POODLE『ODYSSEY』

Chicago Poodle(シカゴ・プードル)は関西を拠点に活動しているスリーピースピアノバンド

そんな彼らのメジャーデビューシングルである「ODYSSEY」は、爽やかでオシャンティー(死語?)なピアノロック。

ピアノとストリングスが絡み合い、壮大な旅の始まりを連想させる曲調が心地よいです。

歌詞も、期待と不安を抱えながら何かを始めるという人を応援するような内容となっていますね。

Base Ball Bear『changes』

「changes」はBase Ball Bearによる清涼感溢れるポップなギターソング。

歌詞は昨日までの自分を捨てて新しく変化していった内容になっており、特に春に聴きたい一曲です。

二番の「一分の一の自分でぶつかりたい」っていう箇所が私的にはグッときます。

吉川晃司『KISSに撃たれて眠りたい』

こちらは試聴できるサイトが見つからないのですが、全体的に男気溢れる楽曲。

「俺の志を貫き通していくぜ!俺は負けねぇ!」といった感じの、熱いハートを持ってる吉川さんらしい歌詞となっています。

たとえ誰になにを言われてもいいさ
好きにやれる一瞬(いま)があればそれでいい

と歌うメロディアスなBメロが素敵。

発表されたのが1993年と、若い人からは古臭いと思われそうですが、私的にはこういうタイプの曲はかなり胸に響きます。

あとがき

というわけでラッキーセブンにちなんで全部で七曲紹介してきました。

夢を追うのは容易いことではないですが、音楽が支えになることもあるので、ちょっと行き詰ったときなんかにはぜひ聴いてみてください。

The following two tabs change content below.
CASA
作曲経験ほぼゼロの状態から、2015年より著作権フリーBGMの製作に乗り出した駆け出しの作曲家。感性と独学での作曲で生計を立てられるのかを身をもって実践中!ブログ「またたび音楽堂」では、音楽・DTMを軸に自身が興味のあることを幅広く発信しています。 ⇒プロフィール詳細
スポンサーリンク
スポンサーリンク