Native Instruments KONTAKTに生じる問題の原因・解決方法のまとめ。

kontakt_trouble_low

Native Instruments社のKontaktと言えば、自社のみならずサードパーティ製音源のプレイヤーとしても欠かせない超有名なプラグインですね。

ですが私の環境(Cubase 8.5,Win)では最近になってどうにも不具合が頻発していたため、先日サポートの協力を得て無事に解決した諸々の不具合について備忘録的に書いておきます。

KONTAKTライブラリが毎回Sample Missingになる

最初にライブラリのフォルダ設定したのに次回以降もSample Missingになるという、結構あちこちで報告されている現象です。

これについては多くの方が解決策について書かれていますし、NI社の公式ナレッジベースにも同様の解決法が書いてありました。

KONTAKTライブラリでSamples Missingを解決する方法(Batch re-save)

batch_resave

一応簡単な説明をしておくと、Kontaktの画面上部の[Files]から[Batch re-save]を選び、ライブラリのあるフォルダを指定するだけで次回以降は再度尋ねられずに済みます。

警告ダイアログで、”この機能を使用すると複数のパッチに影響を及ぼす”とか”現在読み込まれている音源は全て破棄される”とか言われますが、構わずにYesで問題ありません。

KONTAKT音源で謎のノイズが発生する

この問題はかなり長い間悩まされていました。

実際にその症状が発生したときの音源がこちら。*ノイズ混じりなので再生環境に注意!

なぜか最上部にあるKontaktトラックだけで問題が生じて、以降のKontakt音源では問題が起きない状態だったので、その場しのぎ的にダミーのトラックを最上部にミュート状態で置いて作業していました。

さて、肝心の解決方法ですが、エフェクトを操作するMaster FXと呼ばれる部分でリバーブをON/OFFしたりリバーブタイプを切替えると一瞬で治ります。

master_fx

しかしこれも根本的な解決というよりかは一時的な対処法に過ぎないのでしばらくするとまた同じ症状が発生します。

そんなこんなで困り果てていたのですが、最終的には次の問題と合わせてCubaseの初期設定ファイルをリセットすることで解決しましたのでお試しください。

A sample has disappeared.というエラー

Kontaktのエディット画面を開くと出てきたこのエラーメッセージ。

disappeared

このエラー後には決まって特定の音が発音されなくなります。

ただその後詳しく調べていくとそれは勘違いで、よくよく聴けば非常に僅かながら音がでていて、MIDI信号も反応していたのでベロシティーに問題があることが判明。

ある範囲内にあるベロシティー値が一律でかなり低いものとして扱われて再生されていたようです。


こちらの解決法ですが、Cubaseの初期設定ファイルをリセットすることであっさり治ってしまいました。

その後、しばらくしてやはり同様の症状が現れました…

原因は未だにわからず終いで、問題のノートの再生時にはKontakt上でDisk負荷が赤く触れていたのでオーディオ処理の異常だったのではないかと睨んでいるのですが…


※2016年11月26日 追記

公式コミュニティでの回答で、どうやらPlugin Allianceのプラグインが原因みたいです。
とりあえず対処方としてVST3は削除して、VST2のみで今後直るかどうか様子をみたいと思います。

アップデートするとdllファイルが消える

Service Centerからアップデートを実行すると、dllファイルが消えてしまうという結構深刻な問題です。

単刀直入に原因を言ってしまえば、32bit版のプラグインファイルを削除してしまったから。

私の場合は現在64bitの環境で作業しているため、以前に容量節約のために32bitの方を削除してしまってました。

その状態でアップデートを実行したために64bit版含めて諸々のファイルが消えてしまったようです。

そのような問題を解決するため、この場合にはService Center上でダウンロードだけして、インストールの実行はService Centerではなく、直接zipファイルを解凍してダウンロードすることで無事にアップデートできました。

既にインストールを実行して消えてしまったファイルを元に戻したい場合には、以下の公式ウェブサイトからzipファイルをダウンロードして直接インストールすることで正常にアップデートされます。

Native Instruments ダウンロード : アップデート | サポート

なお、NI製プラグインのフォルダを移動させたい場合にはNI VST TOOLというものを使用して移動させることができますので以下のサイトを参考にしてみてください。

NI VST TOOL を使用してNI プラグインの問題を解決する方法 (Windows)

一部の音源でパンや音量を弄ると音が極端に小さくなる

一部のKONTAKT形式の音源で、トラックのパンや音量を弄ると極端に音が小さくなってしまう現象。

原因がよく分からないのですが、KONTAKTのアンインストール&再インストールで無事に治りました。

どうしようもなくなったら最終手段として再インストールするのは効果があることが多いので覚えておくといいかもしれません。

*コントローラパネルでKONTAKTのみをアンインストールして、最新のアップデートをインストールするだけです。


☆関連するオススメ記事☆

Cubase初心者によくある「音が出ない・おかしい」時の症状別解決策。

MIDIキーボードで音がでない・急に途切れる際の確認事項。

The following two tabs change content below.
CASA
作曲経験ほぼゼロの状態から、2015年より著作権フリーBGMの製作に乗り出した駆け出しの作曲家。感性と独学での作曲で生計を立てられるのかを身をもって実践中!ブログ「またたび音楽堂」では、音楽・DTMを軸に自身が興味のあることを幅広く発信しています。 ⇒プロフィール詳細
スポンサーリンク
スポンサーリンク