ベースが半音下降していくクリシェを使ったお気に入りのコード進行。

cliche_img

クリシェというとaugやdimを取り入れたものが基本的なものとして紹介されることが多いですよね。

ここではそれ以外で私がこの頃気に入っている下降系クリシェのコード進行を二つ紹介したいと思います(どちらも似たような響きですが… 笑)。

Ⅳsus2M7-Ⅰ-♭ⅢM7-Ⅱm7

まずはsus2を使ったこちらの進行から。

sus2と言えばsus4同様、通常は

Csus4-C-Csus2-C

のように内声部のみを移動させたりして、すぐにもとのコードに落ち着くのが定番ですよね。

響きとしては第三音がないためふわっとして聴こえるのが特徴です。

そんなsus2コードですが、ここにM7を追加するとFであれば構成音は[F,G,C,E]となり、分数コードのC/Fと同じになるためクリシェを作る時には考えやすいです。
というか一般的にはこちらの表記になることがほとんだと思います。

*参考までに手元の本ではC/FはFM7(9) omit 3rdの記載で、ハイブリッドコード(オンコード)として紹介されてました。)

さて、肝心の進行ですが最初の三つのコードをわかりやすく無理やり分数コードで表記してみると以下のようになります。

Ⅰ/Ⅳ-Ⅰ/Ⅲ-Ⅴm/♭Ⅲ-Ⅳ/Ⅱ

ベースラインが半音進行になっているのが一目瞭然ですね。

見出しでは最後のコードはⅡm7になっていますが、別にⅡ7やトライアドのⅡmでも響きとしては問題なく繋がります。

その後はトニックのⅠM7に行ったり、ツーファイブやセカンダリードミナントとみなして発展させることもできるので使いやすいです。

また、三番目の♭ⅢM7はトライアドの♭Ⅲmでもクリシェになるので、シンプルさを求める場合はこちらも選択としてはアリです。

Ⅰm7-Ⅰm6-♭ⅥM7-Ⅴm7

マイナーセブンスから6thに進むいかにもクリシェな進行です。

この進行では始めの三つのコード全てで第1,3,6音が共通音ですので、本当にベースだけが半音進行で進んでいきます。

キーがAマイナーであれば、

Am7-Am6-FM7-Em7

となりますが、先ほど同様無理やり分数コードで書けば、

Am/G-Am/G♭-AM/F-Em7
(Ⅰ/♭Ⅶ-Ⅰ/♭♭Ⅶ-Ⅰ/♭Ⅵ-♭Ⅶ/Ⅴ)

となります。(マイナースケールの短七度のフラットって度数表記でどう書くんでしょうね…)

このEm7はトライアドのⅢmでもマイナーセブンスのⅢ7でも、その後の進行次第では良さそうな感じです。

このコードの後はトニックのⅠmやⅠに解決するのもありですし、更に下がってⅣm7やⅣ7へ行くのも意外と悪くない響きです。

最後に

当初は三つ紹介したいな~と思ってましたが、どうにもパターンが浮かんでこないのでとりあえずはこちらの二つを先に載せてみました。

またクリシェで気に入った進行がでてきたら随時追加していきたいと思います。


☆関連するオススメ記事☆

sus4やsus2を用いた全体を通して共通音が持続するコード進行。
ここのところいいな!と思ったコード進行を調べてみたら、全てsus4やsus2などのサスコードを取り入れたものばかりでした。 正...

The following two tabs change content below.
CASA
作曲経験ほぼゼロの状態から、2015年より著作権フリーBGMの製作に乗り出した駆け出しの作曲家。感性と独学での作曲で生計を立てられるのかを身をもって実践中!ブログ「またたび音楽堂」では、音楽・DTMを軸に自身が興味のあることを幅広く発信しています。 ⇒プロフィール詳細
スポンサーリンク
スポンサーリンク