ピアノ初心者でも簡単に好きな曲を耳コピする方法[左手(ベースライン)編 その3]

pf_bass3_low

一回目ではロックやアニソンなどに合う力強いものを、前回はバラードに合うものについて紹介してきました。

今回はAメロや最後のサビ前のような静かになる部分でのパターンを見ていきましょう。

使うと音は3つになるも表現の幅は格段にアップ!

今回からは使う音が3つに増えて一気に表現の幅が増えます。

ただし、ここで今回もまた一つ覚えなければならないことがあります。

それが3度音というもので、前回の5度音が明るい曲でも暗い曲でも共通で使えたのに対し、こちらの3度音はコードの種類によって二つの種類に分かれてしまいます。

3度音というのはルート音から数えて「上に半音3つ分移動した短3度」と、「半音4つ分上に移動した長3度」というものがあります。

マイナーコードと呼ばれる暗い響きのコードでは短3度、メジャーコードと呼ばれる明るい響きのコードでは長3度になるのですが、どうしても覚えられない人は両方弾いて合う方を使いましょう。

幸いにも弾けば明らかに外れていると違いが分かる音ですので、聞き分けることはそう難しくありません。

ちなみにこちらも前回同様、コードがわかっている場合にはもっと簡単に判別でき、単純にCとあれば長3度、CminやCmのようにminやmが付いていれば短3度になります。

色々ついてC△7やCM7、CmM7などとなっていても、mやminだけ見て判別すればOKです(ちなみに大文字のMは小文字のmとは別ものですのでご注意を!)

前回ちょこっとお話したaugやdimコードの場合には、aug=長3度、dim=短3度と覚えておきましょう。

基本的なかたち

ルート音→3度→5度→ルート音 青字は1オクターブ上

このパターンは8分音譜で弾いて後に休符を挟むようにすると、静かなパートにピッタリになります。

説明するよりも実際に聴いてみましょう。

もちろん4分音符で弾くこともできますので、そこは実際にコピーする曲との兼ね合いで合うと思う弾きかたにして下さい。

運指に関しては小指で始まって親指で終われば間の音は弾きやすい指でいいですが、コードによっては弾きにくい場合もあるので後述する指をまたぐ運指を取り入れてもOKです。


ルート音→5度→ルート音3度

上記のパターンよりもこちらの方がよく聞かれるものになりますが、運指で指をまたぐ必要があるために後にしました。

小指→人差指→親指→人差指と弾くのが一般的ですが、最後の3度だけは親指の上をまたいで弾くかたちになります。

また、この場合は3度自体を弾く指は人差指で問題ないのですが、次に弾く音によっては中指の方が弾きやすい場合もあります。

今までは左手はおけば自然にその位置になりましたが、今度は小指がどうしても元の位置から離れてしまうと思います。

次の音を弾くときに距離感を図るのが難しくなってりますので練習して感覚を掴みましょう。

発展させてワンパターンから脱却

今までのパターンを発展させて、最後に5度を加えるのも頻繁に見かけます。


ルート音→5度→ルート音3度5度

ピアノらしい綺麗な響きですが、指またぎ、指くぐりがそれぞれ1回ずつでてきます。

小指→人さし指→親指ときたら3度は先ほど同様に上からまたぎ、その後の5度は親指を人さし指のしたをくぐらせてから弾きます。

1小節内の音の数は6つでも7つでもいいですし、音を減らす方向に考えて3つとすることもできます。

音を詰め込むほどより流れがでて、少ないほど静かな曲調を演出できるので部分部分で試していきましょう。

また、音の配置を好きなように動かしたり特定の音を伸ばすこともできます。

これらのパターンを変えていく事でワンパターンでないベースラインを構築していくことができます。

そしてこれを覚えれば簡単な曲は大体弾けるようになります。

例えばfripSideの『Only my railgun』なんかは基本的に一回目のベースラインを使用し、Aメロや最後のサビ前だけ今回のパターンを使用すればコピーできます。

もちろんバラード調にしたいなら前回のパターンを基本のベースラインにすればピアノらしい優雅なアレンジとすることもできます。

難しいアレンジを考えずにシンプルに曲を弾けるようになるだけであればこれらのパターンだけでも十分だと思います。

sus4コードだけは例外

前回の5度の音はaugやdimでは半音変化するためにそのままでは使えないといいましたが、この3度の音にも同じようにそのままでは使えないコードがでてきます。

それがsus4コードと呼ばれるもので、ポップス曲には結構使われているものになります。

このコードでは長3度が半音♯して長3度の音が使えないため、第3音だけを半音上げて弾いてみるか、その箇所だけルート音と5度だけで対応してみてください。
※sus4コードはその仕組み上、短3度の場合というものが存在しません(仮にあってもsus4と全く同じ意味)

ちなみにあまりお目にかかれませんがsus2コード(もしくは(add 9 omit 3))というsusコードもあります。
ここでは詳しく説明しませんが、万が一これがでてきた場合には長3度を全音♭して弾いてください。

ピアノ初心者でも簡単に好きな曲を弾けるようになる方法[左手(ベースライン)編 その4]
前回は3度の音を取り入れたパターンをみてきましたが、これを発展させてよりピアノらしい響きにしてみましょう。 なお、今回は新しい...
The following two tabs change content below.
CASA
作曲経験ほぼゼロの状態から、2015年より著作権フリーBGMの製作に乗り出した駆け出しの作曲家。感性と独学での作曲で生計を立てられるのかを身をもって実践中!ブログ「またたび音楽堂」では、音楽・DTMを軸に自身が興味のあることを幅広く発信しています。 ⇒プロフィール詳細
スポンサーリンク
スポンサーリンク